Microsoft AccessとMSDE2000で作成する販売管理ソフトのクライアントサーバー システム(ソース公開版)

AccessとMSDEのサイト

Accessのお客様の声AccessのメールマガジンAccessの資料請求Accessの会社概要
 

  ■    Amazon        ■

 

  ■  Amazonの書籍   ■


 クラサバもスタンドアローンも
 同じAccessです。
 違いは、データベースの接続の
 仕方や読み書きの記述ぐらい。
 その他は、変わりありません。

 まだ、基礎的な部分が不足して
 いるのであれば、書籍で学ん
 でみてはどうでしょうか。

  VBA、マクロ、ビュー、関数の
 勉強はこちらで!

 Accessのお勧め本はこちら

 -----------------------

 システムを構築する上で避け
 ては通れないSQLの習得
 まずは、この中から選んで
 みては、どうでしょうか?

 SQLのお勧め本はこちら

 -----------------------

 プログラマーとして身につける
 技術とは!
 もしかしたら、プログラマーの
 仕事が、垣間見れるかも
 知れませんよ

 プログラマーの本はこちら

 -----------------------

 システムエンジニアに必要な
 技量とは何?
 おもしろおかしい体験記から
 固い話などてんこ盛りです。

 SEの本はこちら

 

 

  ■    関連サイト   ■


AccessとMSDEで作成するクライアントサーバーシステム
 

 

  ■  Accessお役立情報 ■


   Accessの関数について


 

 
 
メルマガのご意見ご感想
 
 
 
プライバシーポリシー
 
 

 


 

Accessのソース公開


販売を終了(完売)しました

電話、メールなどの問い合わせはご遠慮願います
営業などの問い合わせもご遠慮願います


     10数年間の開発ブランクがあったにも関わらず
     わずか、1ヶ月で会計システムを完成されたお客様を
     ご紹介します。


長崎県 武藤さん


 --------------------------------------------------------
●ご購入直後に頂きましたメール内容
 --------------------------------------------------------

ティウェア 高橋様

お世話になります。

メールが届きまして必要なファイルを全て印刷しました。

最初に読まなければいけないものとして「設計の極意」から読ませて
いただきました。

大変重要な事が満載で、プログラマー時代の教訓が蘇り正に
バイブルとなり得る内容でした。

書店の参考書には、これほどポイントをついたものを見たことが
ありません。

正に「事件は会議室で起こってるんじゃない、現場で起こってる
んだ!!」的な体験談でした。

そして基礎からの設計の極意はこれからシステムを構築していく上に
おいて今からでもギリギリ間に合うような内容でした。
「ほっとしました」

これからソースに沿って構築していきます。
良い結果が出ましたらまたご報告したいと思います。

ありがとうございました。

 --------------------------------------------------------
ご購入から1ヵ月後に頂きましたメール内容
 --------------------------------------------------------

高橋様

お久しぶりです。

販売管理ソフトを購入いたしました武藤です。

やっとクラサバのシステムが完成いたしました。
これもひとえに高橋様の教材があってこそでした。

本当に感謝しております。

当初、概念くらいしか分からなかったC/Sですが、この販売管理ソフト
の購入により、恐らく通常のスピードの10倍くらい速く構築できた
のではないかと思います。

もしこれがなかったら高橋様が書かれていた参考書を集めることに
なっていた可能性が高かったですね(^-^)。

そう思うとお客様に対しての信頼も作れなかったし、何より自分の
頭がまだ使えるんだという新たな可能性を見つけられたということは
言葉に尽くせない喜びであります。

もちろん経験者ということも大きなファクターのひとつですが、
販売管理ソフトなくして理解、コーディング、デバッグのこの作業は
ありえなかったと思います。

当初書いていた「バイブル」となりましたよ。このソフトは。

送っていただいた全てのテキストに目を通し、開発〜デバッグまで
指南通りに進めていったのが完成を早める結果となりました。

特に仕様書と極意についてはまさしく現場と密着した要素であります
から、慎重に計画していきました。

まあ完成したとは言え、これからの要望が山積です。
基本形が整ったという感じですが何事も基礎部分が大事ですから
慌てずに改良していきたいと思います。

今後ともお付き合いの程よろしくお願いいたします。

本当に最小システムですが中規模事務所では十分なレスポンスが
得られます。

それではまた、近況報告させていただきます。
時節柄お体にはお気をつけください。<(_ _)>
 

プライバシーポリシーに基づき、仮名で掲載しています

販売管理ソフト(売上入力から売上日報までの処理を録画)

 

あまり、うまく録画できていませんが、イメージはつかめると思います。

画面、帳票例だけではわかりにくいと思いますので売上入力から
売上日報までの処理を録画しました。

出来るだけわかりやすくするため、遅く動かして録画しています。
実際は、サクサク稼動します。

全画面で見る場合は、再生後、画面上でダブルクリックしてください。



 業務に使える開発テクニックは、市販本にはのっていない。


実は、私もあなたとほとんど変わりませんでした。

Accessでクラサバのシステムを作るの、やめていませんか?

心配しないで下さい、あなただけではありません。
私もそうなる一歩手前だったんですから・・・。

ほかにもいらっしゃいます。
「お客様の声」、「メルマガのご意見ご感想」のページを
ご覧いただければ、あなただけではないことが、わかると思います。
Accessでクラサバを作りたいという方々が、ここで学んでいます。


さて、Accessの本は、書店にたくさん並んでいます。

初級者を対象にしたものが多く、どの本をみてもあまり代わり映え
しない内容でした。

なかには、CDが添付されています。
(数本足らずのサンプルソフト)

それを見ては、毎回がっかりしました。
「これじゃ、開発の参考にならない」と。

なぜって、実践的なプログラムとは、ほど遠いものだったからです。

これでは、到底システムなんて作れるわけがありません。

”欲しかったのは業務にいかせるノウハウ本でした”

しかも、初級者でも理解できるものが、ほしかったのです!
  
何度も、何度も書店に足を運びました。
インターネットでもあれこれと探しました。

でも、悲しいことにありませんでした。

あるとき、「そうか、ないんだな・・・」とあきらめました。
気がつけば、知らないうちに、Accessの本は30冊に。

Accessの本を集める収集家になっていたのです。

好きこのんで、こんなに集めたのではありません。

知りたかった情報が1つの本にまとまっていなかった。
だから、あれも、これもと買わざるおえなかったのです。

当然、お金も使いました。

すくない情報を駆使しながら、開発をコツコツと進めていきました。
思うようにできない場合は、他の方法はないのかと工夫しながら・・・。
どうにか、こうにかシステムは完成しました。

アプリケーションの作成に要した時間は、
12ヶ月。

他の言語なら、3ヶ月もあればできる販売管理ソフトをAccessでは、
1年もかかったのです。


でも、あのころ作っていてよかったと今、思っています。

なぜって?

現在、事態は、まさに深刻だからです。
 

 ”絶版、在庫切れ”の本が、多いなかでAccessの開発は
   できるのか


クラサバの本を持っている人は、まだ良いほうです。

クラサバのシステムを完成させて5年がたちました。

以前より、もっと具体的でわかりやすい本が出版されていても
おかしくありません。

ですが、状況はかなり悪い方向にむかっています。

なぜなら、クラサバを解説した本をみかけなくなったからです。

さらに、悪いことが・・・

アマゾンで参考になりそうな本があったと思い、ページをクリックすると
古すぎて”現在、在庫切れです”と表示。

出版社でしらべると、”絶版”の二文字が。

これでは、作りたくても本すらないのですから、無理としか言いようが
ありません。


そうなんです、ますます開発が、困難な状況になっているのです。


Access(mdb仕様)の本は、いまでも新刊が続々とでているのに
どうしてなのでしょうか?

それでも一部の新刊には、確かにクラサバの記述があります。
でも、最後にほんの2、3ページ。
さわりとしかいえないような説明。
「Accessは、こんなことも出来るんですよ・・・」と。
そんなことはもう知っています。
そこをもっと、もっと詳しく知りたいのに。


私が、開発をはじめたころと、何ひとつ変わっていません。
というよりも、もっと状況は深刻です。

だから、いま、作っていたらと、考えただけで”ぞーっと”します。

本がないのなら、インターネットでと考えます。
コツコツ探していけば、貴重な情報を手に入れることはできるでしょう。

でも、役立つ情報がどこにあるのか?
もしかしたら、見つからないかも知れません。

このような現状で、はたしてシステムはできるのでしょうか?
私がシステムに費やした何倍という途方もない月日をかけなければ
まず、完成させることはできないでしょう。


それでも、あなたは、まだAccessでクラサバを作りますか?
 

 短期間に、しかも効率 良くAccessでクラサバシステムを
  作る方法を教えましょう。


本が、”絶版”でもあきらめることはありません。

知っていますか?

初めての言語でシステムを作る場合、プロはどうしているのか。

本を買って情報を収集しています。
インターネットも活用します。
お金があれば講習会にも参加します。

そう、あなたとほとんど変わりません。


プロもあなたと同じように、少しずつ情報をかきあつめているのです。
だから、はじめてシステムを作るときは、多くの時間を要するのです。


でも、次のシステムを作るのにそんなに時間を必要としません。

なぜでしょうか?

それは、以前に作ったシステムを流用して作るからです。

だから、システムを早く作ることができるのです。

確かに、作り方は、いく通りかあるでしょう。
でも、ひとつのパターンさえ知っていれば、それを使いまわせば
よいのです。
何も難しいことはありません。

これが、システムを加速させて作る、方法なんです。

出来上がったシステムを改造しながら、仕様にあわせれば
短期間に作れる、ということです。

実は、ノウハウ本よりもソース公開しているシステムが開発を
はじめる前に欲しかったのです。
 開発経験も豊富だったのに苦戦したAccessの開発


私は、サラリーマン時代Accessの存在は知っていましたが
使ったことは一度もありませんでした。

プロならAccessなんかで開発しないと思っていたからです。

所詮、エンドユーザー用のデータベース、Excelの延長でしかないと。
でも、必要にかられ、仕方なくAccessで開発することになりました。


はじめて見た感想は、「えっー、ビュー、トリガ、 ストアドプロシージャ、
データベースダイアグラム、マクロ、こいつら何者なの?
」と。

このオブジェクトの多さには面食らいました。

はじめて聞くことばばかりで、なにがなんだかサッパリわからない。
「どれをどう使えばいいの、これ全部使わなきゃいけないの?」

これが、最初のつまずきでした。

”開発以前の問題です、だって、まだ、はじめていないのですから”

Accessを知っている知り合いなどいません。

”身近に相談する人は、誰一人いない”
そんな状況で開発は、はじまりました。

頼りにしたのは、本とインターネットの情報だけでした。

本といえば、実践的なことがあまり記述されていない。
実際、何をどう使えば簡単に作れるという、具体的な事例などは

ありませんでした。

VBの経験があったのでAccessのVBAはどうにかなるだろうと、
はじめのころは安易に考えていました。

それがこのあと、とんでもないことだと気づいたのです。
それを思い知らされるのに、そんなに時間はかかりませんでした。


システムの開発が進むにつれて、ちょっとしたことでつまずき、

解決できたと思って”ほっと”していたら、

またつまずき・・・”ほっと”していたら、


またつまずき・・・


この繰り返しが何度も、何度も続いたのです。


「VBは、この方法でできたのに、なぜAccessはできないのか」と、
これがいつの間にか口癖になっていました。

「今回ばかりは、ダメかも」と何度も思いました。
「もう、やめるか」と考えたのも2、3回ではありません。


では、なぜ、そんなことになったのでしょうか?
原因はどこにあったのか。


それは、”何をどう使えばよいのか、わからなかったからです。”


でも、あるとき、”ふっと”気づいたのです。

ビュー、トリガ、マクロは使うわなくてもできることが。
同じ処理が、ほかのオブジェクトでもできるのがわかりはじめたのです。
だから、無理して覚える必要はないし、使うこともない。
この組み合わせならデータの処理速度も早くなる。


それが、ストアドプロシージャとVBAの組み合わせでした。



これで開発の構想が固まったのです。

使うオブジェクトが少ないのは、よい結果をもたらしてくれます。

”システムの管理がしやすくなる”のです。
システムは、作って終わりではありません。

その後、システムの管理まで考えなければいけません。
年後にプログラムの変更をするとき、どこに作ったのかと
あれこれ探すこともなくなるからです 。


では、なぜ、”やめよう”と思っていたAccessを捨てなかったのか?



その理由は、すべて揃っていたからです。
システムの開発に必要なものが、全部。


開発する上で、いちばんはじめに悩むのは、”帳票”です。


VBで開発しているのに、帳票はAccessのレポートを
使っているということを聞いたことはありませんか?
(ほかの言語でもよく使われています)


そう、Accessのレポートは優れているんです。

どの言語にもおまけとしかいえない帳票があります。
ですが、はっきり言って使いものになりません。
そうなると、帳票ツールを探すことになるのです。
それをしなくて済むのです。


次に、”データは何にしようか”と悩みます。

なにも心配する必要がありません。

MSDEが添付されています。
5人以下で使うには、十分すぎます。
しかも、無料なのですから使わない手はありません。


Accessを捨てなかった最大の理由、それは!

Access97まではスタンドアローンのシステムしか開発できませんでした
パソコン1台でしか稼動しないシステムです。

それが、Access2000からクライアントサーバー(クラサバ)の
システムを開発できるようになったからです。

パソコンを複数台つないで売上入力を同時使用できるシステムを
作れるようになったのです。


もし、Accessを持っているのであれば、数百万円以上もする高い
システムを買うことがなくなります。

あなたの会社にあったシステムを独自で作れるのですから。
 

 愛知県 上田さん


 Accessのスタンドアローンでの簡易なソフトをいろいろ作って
 きましたが、それらは結局、入力・操作は1人が行うしかなく、
 入力作業を分散させたり、蓄積したデータをいつでも誰でも閲覧
 したりすることができません。

 Accessのソフトを使っても多少の業務の効率化は図れるものの
  データベースの機能を十分発揮していないと思いました。

 AccessでC/Sをしようと思いリンクで挑戦してみましたが、
 レスポンスが悪くあまり使えませんでした。

 それで、禁断のSQLSever/MSDEにチャレンジしようと思い書籍
 とインターネットの情報あさりましたが、古い本では使えそうなもの
 はありましたが、絶版となっていて手に入らず、現在のものは、
 スタンドアローンについて書かれたものばかりで、書いてあっても、
 「MSDEをAccessプロジェクトで使えるよ」という程度のものばかり
 でした。

 そのような状況下で、御社のホームページを発見し、内容を読むと、
 自分が悩んでいる項目がずらりと並んでおり、
 是非参考にしたいと思いました。

  ========================================================

 東京都 島田さん


 何度か、Accessのスタンドアローンをアップサイジングして
 Access+SQL/MSDEにトライしましたが、ストアドプロシージャ
 でつまずき、的確な参考書も見つからずそのうちメゲテしまい
 挫折しておりました。

 でも、何とか物にしたいと云う考えは消えておりません・・・

 今回、高橋さんの資料を読んでソフトの動きと、中身が実際に
 見れるのであれば、現実的と感じ、これに賭けて見たくなり
 購入希望します。

      ---------------------------------------------------

 片手間で時間がなく開発の方は苦労していますが、今まで本を
 読んで開発するより、実践的な為、劇的に理解度が上がって
 大変参考になっています。

 多分、時間的には本を読む10分の1ぐらいで理解できるのでは
 ないでしょうか。

  ========================================================

 佐賀県 中村さん


 現在、○○にお世話になっている36歳の者です。

 営業と経理を担当させて頂いてますが、社内の顧客・販売管理が
 システム化されておらず、業務の効率化が図られていない現状です

 社長からの依頼で、システム化について進めてくれと言われた
 のですが、ちょっと特殊な業種であるためパッケージでは中々
 あわず、Accessのいろいろな書籍を購入し素人ながら
 顧客(得意先)管理から作り始めたものの、限界を感じでおります。

 ネットを検索したら、こちらのページが目に留まり、私が抱えている
 問題を解決できるかもと感じた資料請求を致した次第です。

 お手数ですが、よろしくお願い申し上げます。

      ---------------------------------------------------

 早々の資料送付、ありがとうございます。

 私の素人知識では、まだまだ勉強不足だと思いますが、
 高橋様がご苦労されて構築したシステムを見て勉強することで
 自分のスキルアップにつながると思っております。

 購入希望を申し込みさせて頂きますので、
 よろしくお願い申し上げます。

  ========================================================

 静岡県 長嶋さん


 大変興味を持ちましたよろしくお願いします。

 いろいろな情報は、大規模なデータベースを考えたもので小規模
 でかつクラサバが利用できてかつ安価で小回りのきくシステムを
 作ろうとしたとき、一つの光明が見えてくる気がしたからです。

      ---------------------------------------------------

 本日 送金致しました
 よろしくお願い致します。

 どうしても敬遠がちでしたAccessを 今回どうしても使わなければ
 ならないので 細部を期待しています。

 システム自体もシンプルな作りでセンスの良さを感じました。

  ========================================================

 同業者 小川さん


 先程、お電話させていただきました小川と申します。

 Excel、Accessの関数、VBAを活用したプログラミング講座
 に人気がでてきています。

 そのような中、単独ではなく5人程度で社内LANを利用した
 クライアント/サーバのシステムのつくり方を教える講座を
 開催 してほしいとの声も高まっています。

 1から教えるのは期間が、かかってしまい途中でなえるので
 なんとか、ポイントのみを伝授する講座を開けないかと考えて
 いた矢先でした。

 御社のホームページに「ソフト開発会社の方は、基本的に
  販売をお断り致しています。」とありますが、
  このような 目的ですと、販売は不可能でしょうか?

 何卒、前向きに御検討お願いします。

      ---------------------------------------------------

 この度は、「販売管理ソフト」ありがとうございました。

 自分のPCにインストールさせていただき、動作を色々と確認させて
 いただきました。

 非常に細かいところまで行き届いているように見受けられ、
 どのようなつくりになっているかが興味津々です。

 購入させていただき、じっくりと時間をかけて勉強させて
 いただきたいと思います。

 今後ともよろしくお願いします。
 

プライバシーポリシーに基づき、仮名で掲載しています。
 

現在、資料請求はしていません
 

実践されているお客さまの声はこちら >>


ゼロからシステムを作る必要は、まったくありません!

この販売管理ソフトを使えば、51%から始められます。
システムの開発を半分以上からはじめることができます。

もし、あなたのスキルが高いのであれば、%も自然と上昇するでしょう

では、どうやって作ればよいのか?
 

 この販売管理ソフトをパクって作ればよいのです。
 

たったそれだけ。

パクってなんてきたない言葉ですいません。
この販売管理ソフトを流用すればよいのです。

システム開発に携わった経験があれば、誰しもしていることです。
だから、数ヶ月という短期間でシステムを納品できるのです。

あなたの開発作業にムダな時間はなくなるはずです。

”あなたが悪いわけではありません。”

作り方のノウハウを知らなかっただけ。
だから、作り上げることができなかったのです。

では、この販売管理ソフトを学ぶことによって
あなたが得られるノウハウをご紹介しましょう。

 

 売上入力は、過去の伝票明細を検索できます。
     しかも、該当伝票を複写、入力後にはその場で印刷できます。
      過去の伝票を呼びだ し複写する仕方が理解できます。
      伝票登録と同時に納品書を印刷させる方法がわかります。

 売上入力で意識せず得意先の最新単価が表示されます。
      得意先ごとに商品の単価を持つ方法が理解できます。

 入金入力は残高を確認しながら入力できます。
      請求残高、前日残高を表示させる方法が身につきます。

 請求書は親子関係で発行できます。
      本社一括で請求書を 作り方がわかります。
    Accessで縦罫線を制御の仕方が理解できます。

 プリンターを意識せず印刷できます。
    
プリンターが変わっても大丈夫!
      用紙サイズ、向き、部数をモジュール化して印刷できます。
 

以上は、ほんの一部ですが、まだまだあります。
 

 売上入力で伝票の納品書発行(即伝発行)ができます
      売上入力で伝票発行の仕方がわかります。
      罫線に数種類の色を付ければおしゃれな伝票へと変身できます。

 請求書は、得意先ごとに3種類の用紙サイズを設定できます
      用紙サイズが変わったときの制御方法が理解できます。
      罫線に数種類の色を設定すれば既製品の請求書へと変わります
 


以上のノウハウを知っていますか?

これらのノウハウを生かし飛躍的に開発が進むとしたら知りたいと
思いませんか?

これは、ほんの一部の技術です。

詳しくは、実際に動かしてみないとわかりません。
 


ここでちょっと、厳しいお話をさせていただかなくてはなりません。


ここからは大切ですから、よく読んでください。


あなたは、自分の技量(スキル)を知っていますか?

はじめて何かを勉強するとき、たくさんある本の中からどれかを
選ぶと思います。
これは、Accessの本に限ったことではありません。

はじめから難しいものを選んでも身につくはずもありません。
自分が理解できるものを選択するのではありませんか?

このサイトで販売しているのは、私が一番はじめに作ったものです
だから、難しいことはしていません。
初級者でもわかるものです。

だからといって、このシステムを流用して、在庫管理、仕入管理、
顧客管理などのシステムを作れないというレベルでもありません。
実際、私は販売仕入在庫システムをすでに完成させています。

最低でも、ここまではできないといけない、そんな思いで作りこみました
だから、応用もききます。

販売管理ソフトは、ソフト開発でいうと基本中の基本です。

販売管理ソフトが作れれば、ほかのシステムにも応用が効きます。
私が10年間作成したあらゆるシステムの土台となっていたのは、
販売管理ソフトだったからです。


もし、この販売管理ソフトのレベルが難しいと思うのであれば、
Accessでクラサバを開発するのをあきらめてください。

これより、やさしいものはありません。


ほかのサイトでも同じようにクラサバを販売しているところがあります。
そこで販売しているものが、どのレベルのものかわかりますか?
細かい説明がありますか?

あなたよりもはるかにレベルが高ければ、システムを改造して作る
ことはできないでしょう。

そうなんです、システムにも作り方のレベルがあるのです。

買ってはみたが、複雑すぎて何がなんだか、さっぱりわからない。
開発状況が何もかわらないのであれば、お金を捨てただけとなります。

自分はスキルも高いので、レベルの高いものがほしいと思っている
人はソースの公開をしている、ほかのサイトをお探しください。


この販売管理ソフトは、5台以内でクラサバを作りたいと
思っている会社を対象にしています。

それには、条件があります。

AccessでMDBのシステムを2、3作った経験がある。
または、Windowsアプリの開発経験があり、Accessも
知っている方になります。

それとSQLが、ある程度理解できることです。

Accessでシステムを作った経験がない方は、残念ですが
あきらめてください。
AccessとSQLの勉強をされてからご検討ください。

酷な話ですが、システムを作るのは、そう簡単ではありません。
地味で根気のいる作業が、ながく続きます。
そんな経験がないと、すぐにほおりだすことになります。


条件をクリアしているからと言って勘違いしないでほしいのです。
システムを完成させることが、可能かもしれないということです。


なぜなら、それはあなた次第だからです。


これがあれば絶対、完成するとは断言しません。
そんなもの、この世の中さがしてもありません。(断言できます)

この販売管理ソフトは、あなたのパートナーとしてシステムを作る
さい、書籍以上の手助けをしてくれるとしか、私には言えません。

これで習得する技術は、あなたのスキルを今以上に向上させる
ことは、まず間違ないでしょう。

ソフトを作るコツがわかれば、どの会社でも重宝がられることに
なります。

なにより、あなた自身のスキルアップにも、つながるのですから。


さて、私は、この販売管理ソフトを作るのに12ヶ月もかかりました。

1人月50万円として、600万円となります。
あなたなら、いくらの価格なら購入しますか?


10万円30万円50万円、それとも・・・


本音でいうなら、30万円以上で売りたいのです。

ですが・・・

お金がないから、自社で開発しているんですよね。
だから、お小遣い程度で買っていただける金額にしました。

 AccessとMSDEの販売管理ソフト


Accessの販売管理ソフトCD(ソース公開版)のほかに、
今回は、ご購入された方へ多くの特典をご用意しています。
 


 特典1:販売管理ソフトの動作確認ができるまで
       サポートします。

この販売管理ソフトが、インストールされてクラサバとして
動作確認できるまでサポートします。

販売管理ソフトのCDが、届いてから2週間までの対応になります
メールでの対応です。


 特典2:メルマガのバックナンバーを差し上げます。 (PDF)

メルマガのバックナンバーには、クラサバのノウハウが書かれて
います。
システム構築に役立つ情報が満載!


 特典3:販売管理ソフトの全ファイルレイアウトを
       差し上げます。(PDF)

ファイルレイアウトは、システムの要ともいえるものです。
これでどんな状況で作っているのかがわかります。


 特典4:販売管理ソフトの全プログラムの仕様書を
       差し上げます。  (PDF)

ソースを公開しているだけでは、詳細の部分はわかりません。
家でいえば設計図ともいえる仕様書(設計書)を差し上げます。
販売管理ソフトをどのようにして作ったのかを理解できます。


 特典5:販売管理ソフトの説明を
       差し上げます。  (PDF)

この中には、「Accessで作るクラサバのポイント」があります。
私が開発時に書き記したポイント集です。


 特典6:「SQLの解説書」を差し上げます。  (PDF)

販売管理ソフトで使われているSQLのポイントを解説。
このテクニック集でどのように使われているかがわかります。


 特典7:「設計の極意 販売管理の巻」を
       差し上げます。  (PDF)

VBAのテクニックは、とても大切です。
でも、それ以上に大切なことがあります。
それは、システムを作るうえでさけては通れない設計です。
設計次第でシステムの良し悪しがきまるといっても過言では
ありません。
これで押さえるべきポイントがわかります。
開発時の体験談も書いています。

 -------------------------------------------------------
 

AccessのMSDEの構築を伝授

AccessとMSDEの販売管理ソフトのCD


 -------------------------------------------------------


さて、気になる価格です、上記一式で 39,800円 となります。


-------------------------------------------------------
 


このAccessの販売管理ソフトは、システム作りの手助けをして
くれるでしょう。

     お申し込みの入力フォームはSSLで保護されています。



 


-------------------------------------------------------

 

 

 本当に販売管理ソフトって39,800円の価値があるの?

では、お聞きします。

会社が導入しているシステムは、いくらしましたか?

ふつう、オリジナルソフトをつくれば、安いものでも300万円はします。

その1.5%以下の価格です。

オリジナルソフトなら5年後にリプレースがあります。
そのころには、また、高額なソフトを導入することになります。

5年ごとに高級車を買っているのと同じです。
それこそ、無駄ではありませんか?

ソフト会社を儲けさせるために商売をしているわけではないはずです。
お金は、適材適所に有効に使うべきです。

インストールしてクラサバとして稼動するのか、使い勝手のよい作りに
なっているか、などなど、
実際にあれこれと使いこなしてみてください。


”あなたがこのソフトを見て、ふれて、決めてください”


返品もとうぜんあります。

ある方が、こんな理由で返品されました。

「色々とお世話になっております。
サーバー側とクライアント側のネットワーク接続確立と排他制御の
ロックのロジック確立を目的に購入しようと思っていました。
使用してみましたが、伝票入力が自動で欠番ができてしまう・・・」
というものでした。

欠番はでます。
確かにそのとおりです。
なぜなら、そのように作っているからです。
これは、伝票番号が見えるようにするためです。

このシステムは、伝票番号(テキスト)でEnterキーを押したときに
伝票番号を取っています。

その伝票番号を取得している部分(ルーチン)を登録ボタンを押した
あとの処理に移動さえすれば欠番は、発生しません。

これをしなかった理由は、登録ボタンを押すまで伝票番号が確定
しないからです。

これで欠番の問題は解決ですね。

こんなやさしいことが、なぜ、わからないのかなと思いました。
はじめから”私は、参考にして作ってください”と書いていたのに。
パッケージソフトを売っているのではないのですから。

「パッケージソフトが、自社にあってないからソフトを作っているのでは
なかったのですか?」とその方に聞きたかったのですが・・・。

それが返品理由なら、こちらも引きとらざるおえません。

ちなみに、この方とは、返品されるまで数回のメールのやりとりを
しました。
記述しているのが最後のメールの一部です。

こうすれば、という解決策のメールは、その方にはあえて送りません
でした。

なぜだと思いますか?
正直このレベルなら到底作ることは無理だと、思ったからです。

上記のような理由でも返品はお受けいたします。
どのような理由でもあなたが、役に立たないと思えば全額返金します。

なお、はじめから返品目的のかたは、ご遠慮ください。


”あなた自身がきめてください”


開発経験が10年もある私でさえ、12ケ月という月日をかさねて
できたのですから、大変な作業だったことは、証明ずみといっても
よいでしょう。


ここからの話は、開発をするうえでとても重要なことです。

でも、あなたは、普段の生活で、すでに経験していることなのです。

システム作りに成功している人が、本をかわない理由。
それは、彼らが、本よりもはるかに効率のよい方法を

見つけているからです。

その答えは”マネをする”ことです。

「なんーだ」と思っている、あなたに。

では、あなたの仕事について、すこし考えてみませんか?

あなたは、誰の助けもなく、ひとりで仕事を覚えましたか?

誰かのマネして覚えたのではありませんか?
ある先輩から仕事を教えてもらい、ほかの先輩からも・・・

何人もの方から仕事を教えてもらったのではありませんか?

いくつものバリエーションが増えて、良いとこばかりをマネして
いったのではありませんか?

やがて、それらをまとめ最善の形をあなたのオリジナルとして
確立したのではないですか?
私は、そうして仕事を覚えました。

ソフト会社に入社したての新入社員も同じです。

先輩の作ったソースプログラムをマネして作っているのです。
つまり、先輩たちの実践的な技術をあれこれ盗んで作っているんです

マネすることは、とても大切です。

システム作りに成功している人は、誰かの作ったシステムをマネして
構築しているのです。
それが、もっとも効率のよい方法だと知っているからです。
だから、そんなに、あれこれと本を必要としないのです。

もし、開発が途中で止まっているのであれば、まだまだマネをする
材料が少ないのです。

なぜなら、いま、あなたは、少ない情報しか記述されていない本を
マネ(手本に)してシステムを作っているからです。

マネるには、システムを作るという情報のバリエーションがたくさん
いるのです。

すべては、マネからはじまります。
選択肢は2つしかありません。


多くの努力で少ない情報をえる。

少ない努力で多くの情報をえる。


あなたなら、どちらを選択したいですか?
 
最後まで読んでくれたあなたへ、高橋からひとこと


新しい言語を学ぶにあたり、いつも感じていたことがありました。
「なぜ、業務ノウハウを公開したマニュアル本がないのだろうか?」
と思っていました。

残念ですが、これは、今も変わっていません。

「ボタンを押してラベルに”おはよう”と表示させましょう。」
「ラベルに○、△を描いてみましょう。ついでに色もつけてみましょう。」
悲しいことに、いまだにそのような本を見かけます。

読者は、そんなことを求めてはいないんです。
すぐに業務に反映できるノウハウを探しているのです。

本だけでは、とても厳しい開発になるでしょう。

もし、あなたが購入を躊躇しているのなら、無理に買っていただかなくても構いません。
あなたが、もしシステムでつまづいたならこのサイトを思い出して下さい
 

このページのTOPへ  (Access VBA ADP MSDE2000で作る販売管理ソフトのクライアントサーバーシステム)

HOMEへ  (Access VBA ADP MSDE2000で作る販売管理ソフトのクライアントサーバーシステム)

 

HOME / お客様の声 / メルマガ / 販売管理ソフト教材 / 会社概要/ 特定商取引法/ お申し込み
 お問い合わせ / メルマガのご意見ご感想 / プライバシーポリシー

 
 
 Copyright (c) 2001 ティウェア All rights reserved.